水素製造用直流電源

脱炭素化で注目の水素製造

脱炭素の切り札として注目の「水素」。
水素は、おもに化石燃料の改質、化学プラントなどから副次的に発生する水素の回収・精製などにより製造されます。脱炭素化の潮流が加速する中、製造工程でCO2を排出しない水の電気分解による水素製造への期待が高まっています。

オンサイト型小型水素ステーションから、メガワット級水素製造プラントまで

NF千代田エレクトロニクスは、小容量から大容量まで、水素製造装置の仕様や設置環境にあわせて、各種直流電源をご提案します。
水素製造などの水処理の現場で使用される電源装置は、腐食などに対する耐環境性能が求められます。NF千代田エレクトロニクスは、海水電解、純水製造、貴金属回収などの水処理向けに豊富な実績があります。

特長

  • 小容量から大容量まで、電解槽の仕様にあわせて電圧・電流を指定
    電圧:8V~700V、電流:10A~5000A
  • 並列接続による大容量・大電流化
  • 直流入力で再生可能エネルギーを利用したシステムに対応
  • 冷却方式 風冷または水冷
  • PFCフィルタ等による高調波抑制対策
  • コンテナ搭載などの設置条件にも柔軟に対応

ラインナップ

さまざまなカスタム対応が可能

水素の精製量に応じて電源出力が決定されます。
当社では、サイリスタ型、インバータ型両方の実績があり、お客様のご要求に合わせて、ご提案しております。

サイリスタ直流電源

強風風冷タイプ
強風風冷タイプ
水冷タイプ
水冷タイプ

インバータ型直流電源

強風風冷タイプ
強風風冷タイプ
水冷タイプ
水冷タイプ

強風風冷タイプ

  サイリスタ型直流電源 インバータ型直流電源
交流入力 AC100V~400V、DC入力可能
出力電圧 8~700V(単体にて、直列接続不可)
出力電流 10~5000A(単体にて、並列接続可)
最大出力電力 750kW 160kW
制御方式 サイリスタ位相制御 インバータPWM制御

水冷タイプ

  サイリスタ型直流電源 インバータ型直流電源
交流入力 AC100V~400V、DC入力可能
出力電圧 8~700V(単体にて、直列接続不可)
出力電流 10~5000A(単体にて、並列接続可)
最大出力電力 750kW 300kW
制御方式 サイリスタ位相制御 インバータPWM制御

水冷方式 水素製造用直流電源

水素方式のメリット
製作事例

  • 容量67.5 kW、電圧450 V、電流150 A
    電解槽の仕様にあわせて、カスタマイズ可能
  • 並列接続により、大容量化・大電流化に対応
  • 吸排気/給排水部を背面に配置し、並列接続時も省スペース

並列接続
背面

株式会社NF千代田エレクトロニクスWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける